不動産所得 確定申告手続きガイド お電話でのお問い合わせは06-6121-6103

不動産管理会社の節税 | 不動産所得 確定申告の手続ガイド

TOPページ サイトマップ お問い合わせ
確定申告について
確定申告用語の説明
不動産所得についてよくあるご質問
不動産賃貸オーナー様向けサービスのご案内
インフォメーション
インフォメーション
 

不動産管理会社は節税に有効?

管理会社での節税についてよくあるご質問
不動産管理会社は節税に有効ですか?
  不動産管理会社をつかった節税
 アパート・マンション経営を営んでいる方から「不動産会社をつくると節税になるのか」という質問を受けることが多くあります。

 個人でアパート・マンション経営を営んでいる方にかかる所得税は累進税率(所得が多ければ多いほど税率も高くなります)です。

 不動産管理会社を設立することで、会社と個人(アパート・マンション経営者及びその家族)に所得を分散させれば、合計の税金は安くなります。
 
  不動産管理会社を使った代表的な所得分散方法
(1)管理委託方式
賃貸の管理を設立した管理会社に委託する方法。

 メリット
  簡単に導入できる
 デメリット
  管理料はおおむね収入の6%が上限


(2)一括賃貸方式
設立した管理会社に管理を委託するのではなく、建物全部をその管理会社に賃貸し、管理会社は第3者へ転貸する方法。

 メリット
  (1)よりも高く(収入のおおむね10%)所得を移転できる。
  結果として(1)よりも節税に有効
 デメリット
  第3者と契約変更等の手続きが面倒


(3)不動産保有方式
個人所有のアパート・マンション(建物)を不動産管理会社に売却し、土地の所有は個人のままで、設立した管理会社は個人に地代を支払う方法。

 メリット
  (1)、(2)よりも高く所得を移転できる。
  結果として(1)(2)よりも節税に有効。
  消費税の還付を受けれる可能性もあります。
 デメリット
  建物の所有権移転の手続きが必要。
  不動産取得税等の移転に伴うコストがかかる。
 

 不動産管理会社を設立した場合の節税シミュレーションを無料で行っております。ぜひ、お申し付け下さい。

 
管理会社を使った節税 お電話でのお問い合わせは06-6121-6103
 
不動産所得 確定申告手続きガイドTOP会社概要お問い合わせプライバシーポリシー
copyright © CHUO Accounts-office All rights reserved.