不動産所得 確定申告手続きガイド お電話でのお問い合わせは06-6121-6103

不動産所得 確定申告の手続きについて

TOPページ サイトマップ お問い合わせ
確定申告について
確定申告用語の説明
不動産所得についてよくあるご質問
不動産賃貸オーナー様向けサービスのご案内
インフォメーション
インフォメーション
 

確定申告用語集

確定申告用語の説明
医療費控除

 医療費控除の概要
 自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

 ■医療費控除の対象となる医療費の要件
(1) 納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2) その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

 ■ 医療費控除の対象となる金額
 医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
(実際に支払った医療費の合計額−イの金額)−ロの金額
イ 保険金などで補てんされる金額
ロ 10万円  
(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

 ■控除を受けるための手続
 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示してください。  また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。
お電話でのお問い合わせは06-6121-6103
 
不動産所得 確定申告手続きガイドTOP会社概要お問い合わせプライバシーポリシー
copyright © CHUO Accounts-office All rights reserved.